兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ

COLUMN

排水管のつまりの原因と対処方法を場所別に解説

排水管のつまりの原因と対処方法を場所別に解説

トイレやキッチン、さらには浴室といった場所において、よく起きる水回りのトラブルが「排水管のつまり」です。

排水管のつまりが起きると、水を流せなくなるだけでなく、水があふれることもあるため、速やかな対処が求められます。

排水管のつまりは場所によって原因が異なり、それに伴って対処方法も変わります。そこでこの記事では「排水管のつまり」の原因や、場所別の対処方法、そして自分で直す方法などについて、水道トラブルのプロが初心者にも分かりやすく解説します。

排水管がつまる主な原因

排水管がつまる主な原因は以下の通りです。これらの原因を知っておくことで、より効果的な対処を取れるようになります。

  • 固形物
  • 清掃不足

それぞれの原因について解説します。

固形物

排水管がつまる原因で最も典型的なものが「固形物」です。具体的には、食べ残しや料理で使用する食材、洗剤や石鹸のカス、髪の毛、皮脂などあらゆるものが該当します。

これらは小さな固形物ではあるものの、排水管の中で油分と混ざるようにして徐々に凝固し、排水管の内部を狭めて、水の流れを阻害します。

また、キッチンやトイレといった場所においては、キッチンペーパーや食品用ラップフィルム、食器、水溶性でないティッシュなどの紙類、オムツ、生理用品などが原因となり、排水管がつまることもあります。

「油」も排水管がつまる原因です。主に、キッチンの排水管がつまる原因になります。意図に関係なく、油が排水管に流れると、排水管の内部で油が冷えて凝固します。

この結果、排水管の内部で凝固した油が蓄積して、詰まりを引き起こす仕組みです。加えて、排水管の内部で蓄積した油に食材や石鹼カスなどが付着すると、さらに排水管を狭めてしまいます。

油は知らぬ間に蓄積していき、排水管のつまりを引き起こす元凶となるため、とくにキッチンでは注意すべき要素と言えるでしょう。

清掃不足

排水管のつまりは「清掃不足」が原因で起こります。場所を問わず、排水管がつまる原因の多くは、何らかの固形物によるもので、定期的な清掃を怠ると固形物はどんどん溜まってしまいます。

例えば、キッチンでは油や食材などを溶かす洗剤を使って清掃することや、お風呂では排水口に溜まった髪の毛を取り除くといった対処が必要です。

排水管のつまりを防ぐには、いかに排水管内部に固形物を残さないかが重要ですので、定期的な清掃を怠らないようにしましょう。

排水管のつまりを放置すべきでない理由

排水管のつまりを放置すべきでない理由は以下の通りです。日常的な使用において大きな支障がないからと言って放置していると、思わぬ被害を招くかもしれないため、よく理解しておきましょう。

  • 水が流れない
  • 悪臭が発生する
  • 汚水が逆流し、あふれる

それぞれの影響について解説します。

水が流れない

排水管のつまりを放置すべきでない理由は「水が流れない」ためです。トイレやキッチン、そしてお風呂などあらゆる場所において、日常的な使用に支障をきたしてしまいます。

とりわけ、トイレの排水管がつまると影響は大きくなるでしょう。水回りにおいて水が正常に流れないことは、予想以上に不便さやストレスといった影響を及ぼします。

悪臭が発生する

「悪臭が発生する」ため、排水管のつまりは放置すべきではありません。とくに、キッチンの排水管では、油や食材などが排水管内部で腐敗し、強烈な異臭を放つことがあります。

キッチンに限らず、排水管のつまりを放置していると、家全体が異臭に包まれます。居住者は鼻が慣れるため気が付きにくいですが、他者からの印象が悪くなる可能性があるため注意すべきです。

汚水が逆流し、あふれる

排水管のつまりを放置すべきでない理由は「汚水が逆流し、あふれる」ためです。排水管がつまると、水が円滑に流れなくなり、ひどい場合は汚水となって逆流してしまいます。

逆流した汚水がトイレやシンクなどであふれてしまうと、床や壁紙などを痛めたり、異臭が続いたりする可能性があります。

排水管のつまりを解消する主な方法

排水管のつまりを解消する方法は、主に以下のようなものがあります。自分でできる応急的な対処にも役立ちますので覚えておきましょう。

  • 化学洗剤を使う
  • ワイヤー等の道具を使う
  • 業者に修理を依頼する

それぞれの方法について解説します。

化学洗剤を使う

排水管のつまりは「化学洗剤を使う」ことで対処できます。具体的には、市販のパイプクリーナーや、粉末状洗剤といったものを使用し、詰まりの原因となる油や髪の毛といった固形物を溶かして流すことを指しています。

これらの化学洗剤の多くはアルカリ性で、濃度が1%以上のものは油汚れ、1%未満のものはぬめりやにおいの解消に有効です。

安価かつ手軽にできる対処法としておすすめですが、その効果は限定的であり、根本的な解消に至らない可能性があります。

ワイヤー等の道具を使う

「ワイヤー等の道具を使う」ことも排水管のつまりを解消する方法です。例えば、ブラシ付きのワイヤーや、一般的にスッポンと呼ばれているラバーカップなどが該当します。

これらは物理的に排水管内部の固形物を取り除くのに有効で、応急処置としても試すべき方法と言えるでしょう。

一方、ワイヤーブラシが届く範囲でしか効果がないことや、すべての固形物を取り除けるほどの十分な圧力が加わらない可能性があるため、一時的な解消にしかならないかもしれません。

業者に修理を依頼する

排水管のつまりを解消する方法として最も確実なのが「業者に修理を依頼する」です。業者であれば、排水管のつまりの原因をしっかり特定したうえで、業務用の強力な洗剤や、高圧洗浄機などを使用できるため、あらゆる排水管のつまりを解消できます。

素人では対処できないような、深刻な詰まりであっても迅速かつ確実に解消できるでしょう。

【場所別】排水管のつまりを治す対処方法

排水管のつまりは家庭内のあらゆる水回りで起こる可能性があります。排水管のつまりが起こりやすい場所別の対処方法を合わせて理解しておきましょう。

トイレ

トイレにおける排水管のつまりの対処方法は、ワイヤーブラシやラバーカップを使って対処するのがおすすめです。

トイレの排水管がつまる主な原因は、水に溶けないティッシュや清掃用の雑巾、さらには生理用品といった比較的大きな固形物をうっかり流してしまうことが考えられます。

このことから、詰まりの原因である固形物を物理的に取り除くことで解消可能です。そのためには、トイレ用のワイヤー式クリーナーやラバーカップで対処してみてください。

なお、トイレ用以外のパイプクリーナーや粉末洗剤、熱湯などは便器や排水管を痛める可能性があり、事態を悪化させるかもしれませんので、使用しないでください。

キッチン

キッチンの排水管のつまりは、ラバーカップやお湯、化学洗剤などで対処するのがおすすめです。

キッチンの排水管が詰まる主な原因は、油や食材カスといった比較的小さな固形物の蓄積であることが多いため、これらを取り除く方法が適しています。

ラバーカップは圧力で、そして、お湯や化学洗剤は溶かすようにして固形物を除去できます。お湯を使用する際は熱湯ではなく、60度前後のお湯にしましょう。

また、排水口にあるゴミ受けや封水用の部品などを清掃すると解消されることもありますので、合わせて試してみましょう。

浴室やバスタブ

浴室やバスタブの排水管のつまりは、化学洗剤やワイヤーブラシ、そしてラバーカップによる対処がおすすめです。

浴室やバスタブの排水管がつまる原因は、髪の毛や体毛、石鹸カスなどが蓄積することがほとんどで、これらを取り除くことで解消できます。

まずは、手軽な市販の液体パイプクリーナーで対処してみてください。ただし、詰まりの原因である固形物をしっかり溶かしたいからといって規定以上の時間で放置すると、溶けた物が凝固してしまうこともあるため、説明書の指示に従ってください。

洗面所

洗面所の排水管がつまる場合は、化学洗剤やワイヤーブラシ、そしてラバーカップを使って対処するのがおすすめです。

洗面所の排水管がつまる原因は、基本的には浴室やバスタブと同じと言え、髪の毛や石鹼カスなどを取り除くことで解消するでしょう。

洗面所はキッチンと異なり、排水口にゴミ受けがないケースが多いため、ヘアピンやメイク道具などの物を落とすとそのまま排水管に残ります。

このような場合、洗面台下の排水トラップを解体して取り出さなければいけません。排水トラップはナットを緩めるだけで解体できる物もありますが、業者に依頼する方が無難です。

洗濯機

洗濯機の排水管がつまる場合は、化学洗剤やワイヤーブラシによる対処がおすすめです。洗濯機の排水管がつまる原因は、糸くずや埃、さらには髪の毛といった小さな固形物であることが多いため、これらを除去することで解消されます。

一方、洗濯機と排水管を結ぶ排水ホースが長すぎたり、排水ホースにねじれや高低差があったりすると詰まることもあるため、水が流れやすいように排水ホースの形を整える対処も試してください。

排水管のつまりを防ぐ対策法

排水管のつまりを防ぐ対策法についても知っておくことをおすすめします。排水管のつまりを防ぐには、以下の2つがポイントです。

  • 油や固形物を流さない
  • 定期的な清掃を心がける

排水管のつまりを防ぐには「油や固形物を流さない」ことを徹底しましょう。とくに、キッチンやお風呂などは、油、食材カス、そして髪の毛といった詰まりの原因となる固形物が流れやすいため、ゴミ受けにネットをかけるなどして対策することが有効です。

次に「定期的な清掃を心がける」こともおすすめします。具体的には、1日の終わりに60度程度のお湯を排水管に流す、月に1回はパイプクリーナーを使う、さらにはゴミ受けを毎日取り換えるなどが有効です。

排水管の清掃や、詰まりが起きた際に対処しやすいため「ワイヤーブラシ」や「ラバーカップ(スッポン)」を常備しておくことをおすすめします。

排水管のつまりを業者に修理してもらう場合の費用相場

一般的に、家庭で生じる排水管のつまりを修理する費用は、10,000円から20,000円が相場とされており、高圧洗浄機の使用や排水トラップの交換といった大掛かりな作業になると30,000円を超えることもあります。

業者に修理を依頼する際は、法外な料金を請求されないためにも、排水管が詰まっている原因を特定してもい、一度見積もってもらったうえで契約しましょう。

まとめ

排水管のつまりは、その多くは油や食材カス、髪の毛といった固形物の蓄積が原因です。排水管が詰まったら、場所別で異なる原因をしっかり特定したうえで対処するようにしてください。

原因が分からない場合や、対処しても改善されない時は、できるだけ早く業者に修理を依頼しましょう。

水道テックでは兵庫県内で排水管の詰まりのトラブル対応を2,200円~の地域最安値クラスで対応しています。出張費無料・最短30分で駆けつけますので、水道のトラブルでお困りの際はお気軽にお問合せください。

兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

この記事を書いた人
水道テック

すぐに駆けつけてトラブル修理いたします!

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ