兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ

COLUMN

トイレの水漏れでよくある原因と修理方法

トイレの水漏れでよくある原因と修理方法

日々の生活のなかで起きると厄介なのが「トイレの水漏れ」ではないでしょうか。トイレの水漏れは、便器やタンク、さらには温水洗浄便座といった様々な箇所で起こりやすく、これらでなぜ水漏れが生じるのか原因と対策を知っておくことが大切です。

そこでこの記事では「トイレの水漏れ」の原因や修理方法、さらには自分で出来る応急処置などについて、トイレをはじめとする水漏れ修理のプロが初心者にも分かりやすく解説します。

トイレの水漏れの原因

トイレの水漏れは、主に以下のようなことが原因で起こります。どのようなことが原因で水漏れするのかを理解しておくことで、より適切な対処を講じられます。

  • パッキンやパテの劣化
  • 接合部のゆるみ
  • 便器やタンク本体の損傷
  • 温水洗浄便座の故障
  • 結露

上記の原因についてそれぞれ解説します。

パッキンやパテの劣化

トイレの水漏れで最も多い原因とされているのが「パッキンやパテの劣化」です。パッキンやパテは、トイレで使用される各部品の接合部を密閉する役割があり、ゴムやプラスチック、合成樹脂といった素材で出来ています。

これらの素材の製品寿命は約10年と言われており、経年劣化します。経年劣化によって、割れや欠け、そして変形が起こり、結果的に水漏れを招く訳です。

トイレの場合、タンクと便器の接合部、給排水管の接合部、便器と床の接合部、そしてタンク内など、様々な場所で使用されているため、これらの箇所を中心にして水漏れが起こりやすいと言われています。

接合部のゆるみ

「接合部のゆるみ」もトイレの水漏れの原因です。主に、給水管や止水栓の接合部を締めるための「ナットのゆるみ」を指しています。

取付工事の際に接合部のナットをしっかり締めていないことなどでゆるみが生じ、水漏れを招きますが、レンチ(スパナ)といった工具さえあれば自分でも修理できるケースがほとんどです。

便器やタンク本体の損傷

トイレの水漏れは「便器やタンク本体の損傷」が原因になることもあります。具体的には、便器やタンクのひび割れや欠けなどがあり、設置工事や掃除の際に物理的な衝撃が加わったことなどが遠因と考えられます。

便器やタンクのひび割れは、わずかな状態であっても、日常的な使用に伴う衝撃によって一気に割れてしまい、水漏れだけでなく思わぬ怪我につながる危険性もあるので注意が必要です。

温水洗浄便座の故障

「温水洗浄便座の故障」もトイレの水漏れで考えられる原因です。これは、洗浄ノズルから放出される水を制御しているリモコンやスイッチといった基板の問題であることが多く、電気系統の故障に該当します。

他にも「壁掛けリモコンの電池切れ」が原因で水が止まらないということもあります。温水洗浄便座で水漏れが起きる場合は、電気系統の異常を疑う必要があるでしょう。

結露

トイレの水漏れの原因には「結露」が関係していることもあります。トイレ室内と便器本体の温度差が大きくなることで結露が生じ、床が濡れてしまうかもしれません。

とりわけ、梅雨や冬の期間、そして絶えず湿度が高くなりがちなユニットバスなどで起こりやすいでしょう。

トイレの水漏れが起きた時に自分でできる応急処置

トイレで水漏れが発生した場合、自分でできる応急処置として「トイレの止水栓を閉める」ことが有効です。

あくまでも、一時的な対処策となりますが、トイレの止水栓を閉めることでタンクや温水洗浄便座の洗浄ノズル用の給水が止まるため、水漏れは一旦収まるでしょう。

トイレの止水栓は、タンクと繋がっており、蛇口のようなハンドル式で閉めるタイプの他、マイナスドライバーを使って閉めるタイプがあります。

トイレの水漏れを修理する方法

トイレの水漏れを修理する方法は、以下の方法があります。

  • 自分で修理する
  • 業者に依頼する

それぞれの方法について解説します。

自分で修理する

トイレの水漏れは、症状によっては「自分で修理する」ことが可能です。具体的には、接合部のナットを締める、タンク内にあるフロートバルブの調整といった、ごく簡単な修理作業に限定されますが、水漏れが解消できるかもしれません。

一方、トイレの水漏れを自分で修理するには、水漏れの原因を確実に突き止めること以外にも、適切な部品や工具の調達なども必要なため、予想以上に大変になる可能性がありますので、無理に自分で直そうとしない方がよいでしょう。

業者に依頼する

トイレの水漏れを修理する方法で最もおすすめなのが「業者に依頼する」です。トイレの水漏れにおける最も典型的な修理工事である、パッキン交換やタンク内部品交換などであれば、10,000円から15,000円が費用相場になります。

トイレの水漏れ修理の業者は数多くありますが、選ぶ際には「水道指定業者(法律・法令に定められた基準で適切に施工できると認められた業者)」であることや「出張費や見積もりが無料」の業者を選ぶとよいでしょう。

トイレで水漏れが起きる主な箇所

トイレの水漏れがよく起きる具体的な箇所についても合わせて理解しておくことをおすすめします。

水漏れが起きている箇所を特定することで、どのような修理が必要になるかや、修理にかかる費用についても大まかに知ることが可能です。

  • 給水管や止水栓
  • タンクと便器の接合部
  • 便器と床の接合部
  • タンク内部
  • 便器内部
  • 便器本体(外側)
  • 温水洗浄便座

それぞれについて解説します。

給水管や止水栓

トイレの水漏れは「給水管や止水栓」でよく起こります。トイレの床や壁から貯水タンクに繋がっている給水用の配管部分が該当し、とくに配管の接合部分で水が滲み出るようにして水漏れが起きます。

給水管や止水栓で水漏れが生じた場合は、パッキンの交換や、ナットを締めなおすといった修理が必要です。

タンクと便器の接合部

「タンクと便器の接合部」でも水漏れが起こります。これは、タンクと便器の接合部にある密接パッキンが劣化する、またはタンクを動かした際にズレたりすることで、水が染み出るようにして水漏れします。

パッキン交換が必要ですが、タンクを取り外さなければいけないため、大掛かりな修理になるでしょう。

便器と床の接合部

トイレの水漏れは「便器と床の接合部」でも起こります。便器と床の隙間を埋めるパテが劣化したり、しっかり密着していなかったりすると、床に水が染み出すようにして水漏れします。

床に水漏れしているということは、床下にも浸水している可能性が高く、家屋の土台を傷つけるかもしれないため、修理は業者に依頼すべきでしょう。

タンク内部

「タンク内部」でも水漏れが起こります。具体的には、タンク内にあるボールタップや浮き球と呼ばれる、給水と止水を制御する部品の劣化や破損等が影響します。

タンク内のボールタップや浮き球に異常が生じることで、タンク内に絶えずチョロチョロと水が流れるようにして水漏れが起こります。

便器内部

トイレの水漏れは「便器内部」でも起こります。水を流していないにもかかわらず、便器内に水が流れ続けるようにして水漏れします。(便器内の水がわずかに波打つことで視認可)

これはタンク内にあるゴムフロート(便器に流れる水を調整する蓋のような物)が劣化したり、ズレたりすることで起こります。

便器本体(外側)

「便器本体(外側)」でも水漏れが起こります。主に衝撃や、熱湯の注水などがきっかけとなり、便器本体の外側にひび割れが生じると、ひびから水が染み出るようにして水漏れするかもしれません。

便器本体の取替えによる修理となるため、業者に依頼しましょう。

温水洗浄便座

トイレの水漏れは「温水洗浄便座」でも起こります。多くは、洗浄用ノズルからの水が止まらなくなるケースで、電気系統の異常が原因です。

修理にあたり、電気工事が必要になるかもしれないため、業者に依頼してください。

トイレで水漏れが起きたらすべきこと

トイレで水漏れが起きた場合、以下の対応を心掛けてください。これらは、水漏れによる被害を最小限に抑えるほか、水道料金の節約にもつながります。

  • 止水栓を閉める
  • 電源ケーブルを抜く
  • 水気を拭き取る
  • 水漏れの原因を調べる
  • 業者に修理を依頼する

上記について解説します。

止水栓を閉める

トイレで水漏れが起きた場合は「止水栓を閉める」ようにしましょう。止水栓を閉めることで、タンクへの給水が止まるため、ほとんどの水漏れは一時的ながら収まります。

ちなみに、止水栓を閉めることで水漏れが止まるようであれば、タンクや便器で何らかの問題が起きていることが特定できます。

電源ケーブルを抜く

温水洗浄便座を使用している場合は「電源ケーブルを抜く」ようにしてください。水漏れによる、漏電や感電を防ぐための安全対策として重要な作業です。

なお、修理を終えるまではプラグをビニール袋などでカバーしておくことをおすすめします。

水気を拭き取る

トイレで水漏れが起きた場合は「水気を拭き取る」ようにしましょう。これは、水漏れによって床や壁紙などが痛むのを防ぐことの他、水漏れが起きている場所を特定するためにも有効です。

水漏れの原因を調べる

「水漏れの原因を調べる」こともおすすめします。業者に修理を依頼するにあたり、前もって水漏れの原因や発生箇所を伝えることで、工期や費用などの目途が立ちやすくなります。

この記事内で紹介した「トイレで水漏れが起きる主な箇所」を参考にしてみてください。

業者に修理を依頼する

トイレで水漏れが起きた際には「業者に修理を依頼する」ことをおすすめします。トイレの水漏れは、パッキン交換等の軽作業で修理できると思いがちですが、トイレは様々な部品の集合体であることから、強引に自分で修理すると、かえって事態を悪化させてしまうかもしれません。

従って、トイレで水漏れが起きた場合、まずはトイレの止水栓を閉め、水漏れの被害を最小限に抑えつつ、速やかに修理を依頼するように心掛けてください。

トイレの水漏れ修理の費用相場

トイレの水漏れ修理の費用相場は、おおむね10,000円から15,000円が相場と言われています。パッキンの調整や交換であれば相場よりも割安になることもありますが、温水洗浄便座タイプのトイレの水漏れ修理は一般的な水洗トイレよりも割高な傾向です。

タンクや便器の取り替え、給水配管工事など大掛かりな工事になると、部品代がかさみます。このことから、いかなる水漏れ修理工事であっても、業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

トイレの水漏れ修理は業者に依頼するのがおすすめ

トイレの水漏れ修理は業者に依頼するのがおすすめです。理由は、水漏れの原因の多くは自己修理が難しい箇所で起きること、そして早くて正確ということが挙げられます。

トイレは毎日使用するものであり、水漏れが起きたらすぐに修理しないと、不自由するだけでなく、物理的そして経済的な被害も大きくなってしまいます。

「水漏れの原因が特定できない」や「修理方法が分からない」さらには「すぐに直したい」といった場合は、速やかに業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

トイレで水漏れが起きる原因は、パッキンやパテの劣化をはじめ、タンクや便器の物理的な損傷、そして温水洗浄便座の電気系統故障と様々です。

水漏れの原因や箇所を特定しない限り確実な修理は難しいため、可能な限り早い段階で業者に修理を依頼することをおすすめします。

水道テックでは兵庫県内でトイレの水漏れや、詰まりのトラブル対応を2,200円~の地域最安値クラスで対応しています。出張費無料・最短30分で駆けつけますので、水道のトラブルでお困りの際はお気軽にお問合せください。

兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

この記事を書いた人
水道テック

すぐに駆けつけてトラブル修理いたします!

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ