兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ

COLUMN

ウォシュレットの水漏れでよくある原因と修理方法

ウォシュレットの水漏れでよくある原因と修理方法

トイレの水漏れでよくあるトラブルが「ウォシュレット(温水洗浄便座)の水漏れ」です。ウォシュレットは電気製品であることや、複雑な構造をしているため、様々なことが原因で水漏れする可能性があります。

ウォシュレットの水漏れを放置していると水道料金の増加や、感電や漏電といった思わぬ被害につながることもあるため、水漏れの原因や修理方法などを対策として知っておくことが大切です。

そこでこの記事では「ウォシュレットの水漏れ」の原因や修理方法、そして応急処置などについて、水漏れ修理のプロが初心者にも分かりやすく解説します。

ウォシュレットで水漏れが起きる原因

ウォシュレットで水漏れする原因は、主に以下のようなことが考えられます。これらの原因を理解することで、水漏れが起きている箇所の特定や、修理方法などを把握しやすくなります。

  • パッキンの劣化
  • ナットのゆるみ
  • 目詰まり
  • ひび割れや欠け
  • 電池切れや基盤の損傷

上記の原因について解説します。

パッキンの劣化

ウォシュレットの水漏れで最も典型的な原因とされているのが「パッキンの劣化」です。パッキンはウォシュレットのあらゆる部分に使用されており、ゴムやプラスチック製のため、自然に劣化してしまいます。

パッキンが劣化すると、パッキン自体に割れや欠け、そして変形が生じ水漏れする訳です。パッキンは水の通り道や接合部に使用されるため、水漏れの直接的な原因になりやすいでしょう。

ナットのゆるみ

「ナットのゆるみ」もウォシュレットで水漏れする際の原因になります。例えば、給水管や止水栓といった配管の連結部がゆるんでいることが当てはまります。

トイレの設置工事やリフォーム工事などの際に、配管の連結部にあるナットの締め付けが不十分だと水漏れするかもしれません。

目詰まり

ウォシュレットの水漏れは「目詰まり」が原因になることがあります。具体的には、ウォシュレットの横にある「給水フィルター付水抜き栓」で、ゴミや水垢などが蓄積することで起こります。

フィルターが目詰まりを起こすことで水の流れが滞り、結果的に水漏れを起こす仕組みです。

ひび割れや欠け

「ひび割れや欠け」もウォシュレットの水漏れの原因です。例えば、洗浄ノズルに水を送るためのホースが劣化したり、使用毎にねじれたりすることで損傷し、水漏れすることが考えられます。

ウォシュレットに使用されている部品の多くは、プラスチックやゴムといった経年劣化を伴う物がほとんどですので、これらの物理的な損傷が原因になることがあります。

電池切れや基盤の損傷

ウォシュレットの水漏れは「電池切れや基盤の損傷」といった電気系統の異常が原因になることも考えられます。

壁掛リモコンの電池切れや、湿気によって基盤がショートしてしまうことで、水の流れが制御できず、水漏れを起こすかもしれません。

ウォシュレットの水漏れの修理方法

ウォシュレットの水漏れは「自己修理」または「業者に依頼する」の2通りです。自己修理は、水漏れの原因を突き止めた上で、自分で修理することですが、ナットを締めることや、フィルターの清掃といった簡単な作業に限定されるため、根本的な解決に至らないかもしれません。

業者に依頼することは、迅速かつ確実に修理できる方法です。とくに、ウォシュレットは複雑な構造であることや、電気系統の修理を伴うため、プロに任せるのが望ましいでしょう。

自己修理は、対応できる範囲が限定的であることや、かえって事態を悪化させてしまうことが否定できませんので、無理をせず、速やかに業者に依頼することをおすすめします。

ウォシュレットで水漏れした場合の応急処置

ウォシュレットで水漏れが起きた際、応急処置として以下の対応をおすすめします。

  • 止水栓を閉める
  • プラグを抜く
  • 水漏れ箇所の水気を拭き取る

それぞれ解説します。

止水栓を閉める

ウォシュレットで水漏れが起きた場合は、まず「止水栓を閉める」ようにしてください。止水栓は、トイレの床や壁からタンクを結ぶ配管と繋がっており、水道の蛇口のように閉めるタイプや、マイナスドライバーによって開閉するタイプがあります。

止水栓を閉めることで給水が止まるため、ほとんどの場合は一時的ながら水漏れが収まるでしょう。

プラグを抜く

「プラグを抜く」こともおすすめします。ウォシュレット用の電源を切るだけでなく、コンセントからプラグを抜くことで、漏電や感電による事故を防ぎます。

修理が完了するまでは、プラグが水に濡れないようにビニール袋などで覆うとよいでしょう。

水漏れ箇所の水気を拭き取る

ウォシュレットで水漏れが起きた場合は「水漏れ箇所の水気を拭き取る」こともしてください。

水気を拭き取ることで床や壁の損傷を最小限に抑え、なおかつ水漏れが起きている箇所の特定をしやすくなります。

ウォシュレットの水漏れを放置すると生じる影響

ウォシュレットの水漏れを放置すると、以下のような影響が生じますので気をつけてください。

  • 電気系統の故障
  • 水道料金の増加
  • 家屋の損傷

上記の影響について解説します。

電気系統の故障

ウォシュレットの水漏れを放置すると「電気系統の故障」につながります。具体的には、パッキンの劣化などによって水漏れが起き、漏れ出した水がウォシュレットの基盤に浸水し、ショートしてしまうことなどが挙げられます。

わずかな水漏れが遠因となり、ウォシュレットを全交換するようなことになると、経済的な損失も大きくなるので注意してください。

水道料金の増加

「水道料金の増加」もウォシュレットの水漏れを放置すると生じる影響です。東京都水道局は、漏水による水道料金の増加の目安として「便器内の水面がわずかに動いている」と月額69,000円に及ぶこともあると紹介しています。

様々な箇所で漏水する可能性があるウォシュレットは水漏れを見落としやすく、水道料金の請求を機に気が付くこともあるため、わずかな水漏れであったとしても放置すべきではありません。

参考:くらしと水道、東京都水道局

家屋の損傷

ウォシュレットの水漏れを放置すると「家屋の損傷」という影響も想定されます。具体的には、トイレの床や壁紙などがカビたり、土台が腐ったりするかもしれません。

とくにマンションなどの集合住宅では、水漏れを放置していると水が下階に伝わり、ご近所トラブルに発展する可能性があります。

ウォシュレットで水漏れがよく起きる箇所

ウォシュレットの水漏れが起きる原因と合わせて、以下のような水漏れが起きやすい具体的な箇所についても理解しておきましょう。

水漏れが起きやすい箇所を知っていることで、原因の特定がしやすくなります。

  • 洗浄ノズル
  • 給水ホース
  • 水抜栓
  • 便器や便座
  • 袖リモコン

洗浄ノズル

ウォシュレットの水漏れ箇所で最も多いとされているのが「洗浄ノズル」です。具体的な症状としては、洗浄用の水がポタポタと出続ける、洗浄用水の放出が止まらなくなるといったことが含まれます。

洗浄ノズル内部のパッキンが劣化していることや、ノズルの目詰まりなどが主な原因です。ほとんどのメーカーは、ユーザーによる洗浄ノズルの交換や修理を推奨していませんので、業者に依頼するようにしてください。

給水ホース

「給水ホース」もウォシュレットの水漏れがよく起きる箇所のひとつです。給水ホースは、洗浄ノズルに水や温水を送るための部品で、繋ぎ目などから水が滲み出るケースがほとんどです。

繋ぎ目のパッキンが劣化していることや、振動による緩み、さらにはホース自体のひび割れなどが想定されますが、自己修理は難しいため、業者に依頼するのが望ましいでしょう。

水抜栓

ウォシュレットの水漏れは「水抜栓」でもよく起こります。水抜栓はウォシュレットの横に付いていることが多いため、ウォシュレットの横から水がポタポタと漏れる場合は、水抜栓が原因であることがほとんどです。

水抜栓と一緒になっているフィルターの目詰まりや、パッキンの劣化、緩みなどが主な原因で、取扱説明書のお手入れ方法に従って対処することで直るケースが多いとされています。

便器や便座

「便器や便座」もウォシュレットの水漏れ箇所に該当します。これは洗浄ノズルを制御するバルブユニットと呼ばれる箇所で水が漏れ、便器や便座から水が染み出てくるパターンです。

バルブユニットは業者による修理が必須ですので、自己修理で対応することは控えてください。

袖リモコン

ウォシュレットの水漏れは「袖リモコン」で起きることもあります。袖リモコンとは、便器の横に付いているウォシュレットの操作盤のことで、稀に水が滴り出るようにして水漏れすることがあります。

バルブユニットや温水用ヒーターから漏れた水が袖リモコンに伝うことで水漏れします。電気系統の異常も考えられることから、業者による修理が必須です。

ウォシュレットの水漏れ修理にかかる費用相場

ウォシュレットの水漏れ修理にかかる費用相場は、おおむね10,000円から20,000円と考えるとよいでしょう。

とくに多いパッキンや水抜栓の交換などであれば相場内に収まることがほとんどです。一方、ノズルやバルブユニットといった部品の交換の場合は、部品そのもののコストが高いため、割高になるでしょう。

仮に、ウォシュレットを丸ごと交換するとなった場合は、新たに取り付ける温水洗浄便座にもよりますが、最低でも40,000円以上かかると考えてください。

ウォシュレットの製品寿命

ウォシュレットをはじめとする温水洗浄便座の製品寿命は、およそ10年と言われています。これは、各部品の耐久性能や経年劣化を元に算出されている目安ですので、設置してから10年を経過している物は、水漏れや故障といった症状が起きてもおかしくありません。

従って、10年を超えて使用しているウォシュレットは、水漏れを起こす前に交換するといった対応も検討するようにしてください。

まとめ

ウォシュレットの水漏れは、洗浄ノズルや水抜栓、さらには給水ホースといった様々な箇所でパッキンの劣化や目詰まりがきっかけとなり起こります。

ウォシュレットや温水洗浄便座は一般的な水洗トイレと違って、バルブユニットなどの電気系統の故障によっても水漏れする場合がありますので、水漏れが疑われる際は、速やかに業者に修理を依頼してください。

水道テックでは兵庫県内でウォシュレットやトイレの水漏れトラブル対応を2,200円~の地域最安値クラスで対応しています。出張費無料・最短30分で駆けつけますので、水道のトラブルでお困りの際はお気軽にお問合せください。

兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

この記事を書いた人
水道テック

すぐに駆けつけてトラブル修理いたします!

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ