水道・蛇口の水漏れでよくある原因と修理方法

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ

COLUMN

水道・蛇口の水漏れでよくある原因と修理方法

水道・蛇口の水漏れでよくある原因と修理方法

水道の蛇口から水がポタポタ漏れているといった経験がある人は多いと思います。水道や蛇口の水漏れは生活するうえで誰しもが一度は直面する問題と言えるでしょう。

そんな水道や蛇口の水漏れが起きる原因や修理方法、そして、どんな場合に業者に依頼すべきなのかといったことについて、正しく理解しておけば万が一のトラブル時でも対処可能になります。

そこでこの記事では「水道の水漏れ」に関する主な原因や対処法などについて、水漏れ修理のプロが初心者にも分かりやすく解説します。

水道・蛇口の水漏れの原因

水道の水漏れは蛇口でよく起こります。蛇口で水漏れが生じる原因としては、主に以下のようなことが考えられます。

  • パッキンの劣化
  • スピンドルの摩耗
  • コマ(ケレップ)の劣化
  • サビによる腐食
  • ナットのゆるみ

それぞれの原因について解説します。

パッキンの劣化

水道・蛇口の水漏れの典型的な原因とされているのが「パッキンの劣化」です。パッキンとは、水道の蛇口や配管といった各部品の接続部を密閉するために使用されるゴムまたはプラスチック製の部品のことです。

パッキンの多くは、ゴムやプラスチック製であることから経年劣化します。パッキンの寿命はおおむね10年と言われており、設置から10年経過した水道の蛇口では、パッキンの劣化が原因で水漏れを起こす可能性が高くなるでしょう。

スピンドルの摩耗

「スピンドルの摩耗」も水道・蛇口の水漏れの原因です。スピンドルは、蛇口のハンドルと連動して、水量を調整する役割がある部品のことです。

多くは金属製ですが、長年使用していると摩耗するため、形状が変形して水漏れを招く可能性があります。

コマ(ケレップ)の劣化

「コマ(ケレップ)の劣化」も水道・蛇口の水漏れを引き起こす原因です。コマとは、給水管から給水される水を堰き止める役割がある部品を指しており、スピンドルと連動することで水の出し入れを調整しています。

パッキン同様に、ゴムやプラスチック製であることから、経年劣化によって割れや変形が起こり、水漏れを招く可能性があります。

サビによる腐食

水道・蛇口の水漏れは「サビによる腐食」も原因になります。蛇口を構成する部品がサビ付いたまま放置していると、部品が傷ついたり、変形したりすることで水漏れを起こすかもしれません。

また、床下などに設置してある配管がサビていることで、蛇口にサビが蓄積するケースも想定されるため、蛇口だけの問題で済まない可能性があります。

ナットのゆるみ

「ナットのゆるみ」も水道・蛇口の水漏れを起こす原因のひとつです。ナットは、蛇口のハンドル部分とパイプ部分の接合部や、ハンドルの根元などに使用されることが多く、これらの接合部は使用に伴って徐々に緩むことがあります。

ナットにゆるみが生じることで接合部にわずかな隙間ができ、水漏れを起こす仕組みです。

水道・蛇口の水漏れが起きた場合の応急処置

水道や蛇口の水漏れが発生した場合、自分でできる応急処置として「止水栓を閉める」ことが有効です。

水漏れを起こしている蛇口の配管側にある「止水栓」を閉めることで、水漏れを起こしている蛇口への水の供給が止まり、漏水の度合いに関係なく水を止められます。

止水栓はキッチンやトイレ、浴室、洗面所といった蛇口がある箇所に共通して設置されていますが、その多くはマイナスドライバーを使って開閉するアングル型やストレート型ですので、マイナスドライバーが必要になります。

あくまでも、本格的な水漏れ修理までの応急処置ではありますが、水漏れによる被害を最小限に抑えるために自分でできる対応策のひとつとして知っておくと役立ちます。

水道・蛇口の水漏れの修理方法

水道や蛇口の水漏れを修理する方法は以下のようなものがあります。

  • 部品交換
  • 水道指定業者による修理

それぞれの修理方法について解説します。

部品交換

「部品交換」は、水道の水漏れを根本的に修理できる方法と言えます。DIYなどが得意な人であれば自分で部品交換することも可能ですが、基本的には業者に依頼するのが望ましいでしょう。

部品交換の具体例としては、パッキンやスピンドル、そしてコマといった部品を新しい物に交換することが対象です。

水漏れは自分で修理することも可能ですが、修理箇所に見合った工具や部品の調達、そして水漏れの原因を確実に特定する必要があるため、決して容易とは言えません。

水道指定業者による修理

水道や蛇口の水漏れは「水道指定業者による修理」が最も確実な方法です。水漏れが起きるほとんどの原因とされる「パッキン」を交換する場合は、5,000円から20,000円が相場とされており、その内訳は基本料金、作業費、材料費の3つで構成されるのが一般的とされています。

水道指定業者であれば、法律や法令で規定されている基準を順守した工事を実施することが担保されているため、単純な水漏れ修理だけでなく、素人には判断できないような根本的な水漏れの原因を特定した上での修理にも対応してもらえます。

ごく簡単に言うなれば、修理や料金体系などすべてにおいて公に認められた安心できる業者と言えるでしょう。

水道・蛇口で水漏れが起きた場合にやるべきこと

水道や蛇口で水漏れが起きた場合、自分でできることとして以下のことを知っておくことをおすすめします。

  • 水道メーターの作動状況を確認する
  • 水道の元栓や止水栓を閉める
  • 水漏れの原因を調べる
  • 修理を検討する

それぞれ解説します。

水道メーターの作動状況を確認する

水道が水漏れを起こしているかもしれない場合は「水道メーターの作動状況を確認する」ことをおすすめします。

水道を使っていない場合や水道の元栓を閉めた状態であっても、水道メーターが動き続けている場合は、地中や壁の内側などに設置してある配管から漏水している可能性があるため、本格的な修理を検討しなければならない状態であることが判断できます。

水道の元栓や止水栓を閉める

「水道の元栓や止水栓を閉める」ことで、水漏れによる被害を最小限に抑えることが可能になります。

蛇口などで水漏れが起きている場合、その蛇口を使用していなくても水道を使っている状態になるため、水道料金が発生し、なおかつ水回り設備に浸水やカビが発生するかもしれないので、修理が完了するまでは可能な限り元栓や止水栓を閉めることをおすすめします。

水漏れの原因を調べる

水漏れが発生した場合は「水漏れの原因を調べる」ようにしましょう。例えば、蛇口の接続部分で水漏れしている場合はパッキンの劣化が疑われ、水に赤サビが含まれているような場合は、水道管や配管がサビて、漏水につながっている可能性があります。

蛇口や配管の接合部などでは、水気をふき取った上でどこから水が漏れているのか、目視で確認するのがおすすめです。

修理を検討する

「修理を検討する」ことは、水漏れが起きた際の最終ステップと言えるでしょう。とくに、水漏れの原因が特定できない、さらには原因が分かっても自分では修理できない場合は、可能な限り早い段階で水道指定業者に修理を依頼しましょう。

水道や蛇口の水漏れは、放置する期間が長いほど支払う水道料金の上昇や、周辺設備への損傷を招きますので、早めに対処することがポイントです。

水道・蛇口の修理にかかる費用

水道や蛇口の水漏れを修理する費用の相場は、おおむね5,000円から20,000円とされています。最も典型的なパッキンやコマ(ケレップ)の交換であれば相場内で済むことがほとんどですが、蛇口(水栓)の全交換や配管工事などに及ぶと、相場よりも割高になるでしょう。

修理を機に、一般的な蛇口の「単水栓」から「シングルレバー水栓」に交換するケースもありますが、この場合は基本料金や作業費に加えて、10,000円程度の材料費もかかります。

水道や蛇口の水漏れ修理は、費用に幅が生じるため、事前に無料で見積もってくれる業者を利用することをおすすめします。

水漏れを修理しないことで起こる影響

水道の水漏れを修理しないでいると、主に以下のような影響が想定されますので、覚えておきましょう。

  • 水道料金が上がる
  • 水回り設備の損傷
  • 家屋や家財道具の損傷
  • 近隣住民トラブル

それぞれの影響について解説します。

水道料金が上がる

水道の水漏れによって「水道料金が上がる」ことが予想されます。あくまでも一例ですが、蛇口から1秒間に1滴のペースでポタポタと水が落ちる水漏れでは、ひと月あたり200円から300円かかると言われています。

災害や事故などのように使用者に過失がないような場合を除き、水漏れは原則として家主の責任になるため、水漏れによって増えた水道料金の支払い義務は家主に課せられます。

水回り設備の損傷

「水回り設備の損傷」も水道の水漏れを修理しないでいると起きる影響のひとつです。具体的には、キッチンや洗面台のシンク下収納でカビや腐朽菌(ふきゅうきん)が発生することが考えられます。

カビや腐朽菌によって腐食が進むと、設備をリフォームする必要があるため、思わぬ経済的な損失につながります。

家屋や家財道具の損傷

水道の水漏れを修理しないでいると「家屋や家財道具の損傷」を招く可能性があります。例えば、水道管や配管といった日常的には見ない部分で水漏れが起きると、床材や壁紙などが腐食するかもしれません。

とくに、床下配管などで水漏れが起きると、家屋の土台が損傷する可能性が否定できませんので注意しましょう。

近隣住民トラブル

「近隣住民トラブル」も水道の水漏れを修理しないでいると起きる注意すべきポイントです。とくに、マンションやアパートといった集合住宅の上層階の場合は、下階に水漏れが伝わってしまうことも考えられます。

些細な水漏れと思い込んで放置していると、近隣住民を巻き込んだトラブルに発展する可能性があることを認識しておきましょう。

水道や蛇口の水漏れ修理を業者に依頼すべきケース

水漏れ修理を業者に依頼した方がいいケースは以下の通りです。

  • 水漏れの勢いが強い
  • 原因が特定できない
  • 修理方法がわからない

それぞれ解説します。

水漏れの勢いが強い

「水漏れの勢いが強い」場合は業者に修理を依頼しましょう。蛇口からポタポタと水が滴る程度でない場合は、パッキンやコマの劣化以外に原因があるかもしれず、自分で修理することは現実的でないかもしれません。

水漏れの勢いが強いと感じる場合は、速やかに業者を手配し、原因の特定と修理を依頼するようにしてください。

原因が特定できない

水道や蛇口からの水漏れで「原因が特定できない」場合は業者に修理を依頼しましょう。蛇口のサビが原因で水漏れが起きていると思い込んでいたところ、実際は床下の配管までサビていて全体で水漏れが生じていたというケースもあります。

水漏れの原因は思わぬところで起きていることもありますので、自己判断で済ませずに、業者に点検してもらうのがおすすめです。

修理方法がわからない

「修理方法がわからない」場合も業者に修理を依頼しましょう。パッキンが劣化して蛇口の水漏れが起きているとしても、その修理方法や、適切な部品調達ができなければ、かえって事態を悪化させてしまうかもしれません。

適切かつ確実に修理するためにも、修理方法がわからない場合は業者に依頼してください。

まとめ

水道の水漏れの多くは蛇口で起こり、パッキンやコマといった部品の経年劣化が原因で発生します。

とくに、使用期間が10年を超えた蛇口や配管などは水漏れが起こりやすいため、定期的な点検に加えて、わずかな不調であっても早めに水道指定業者に見てもらい、修理することをおすすめします。

水道テックでは兵庫県内で水道の水漏れや、蛇口のトラブル対応を2,200円~の地域最安値クラスで対応しています。出張費無料・最短30分で駆けつけますので、水道のトラブルでお困りの際はお気軽にお問合せください。

兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

この記事を書いた人
水道テック

すぐに駆けつけてトラブル修理いたします!

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ