兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ

COLUMN

水漏れ修理にかかる費用相場はどれくらい?場所別に解説

水漏れ修理にかかる費用相場はどれくらい?場所別に解説

水漏れ修理で最も気になることが費用ではないでしょうか。水漏れ修理にかかる費用は、修理に必要な作業費や部品代、そして業者ごとに異なる基本料金などによって構成されています。

また、修理する水漏れ箇所によっても料金は変わるため、一般的な相場を理解しておくことで、経済的な損失や料金を巡るトラブルの回避にも繋がります。

そこでこの記事では、水漏れ修理のプロが「水漏れ修理にかかる費用相場」について、初心者にもわかりやすく解説します。

水漏れ修理の主な作業内容と費用相場

水漏れ修理は、特殊な事情がない限り、以下のような修理作業が中心です。まずは、これらの典型的な修理作業にかかる費用相場を理解しておきましょう。

  • パッキン交換
  • 部品交換
  • 詰まり除去

上記について解説します。

パッキン交換

「パッキン交換」は、水漏れ修理で最も定番とされる修理内容です。パッキンは、キッチンや洗面所の蛇口をはじめ、給排水管の連携部分、さらにはトイレタンクのレバーハンドルなど、あらゆる水回りに使用されている部品で、製品寿命が約10年の消耗品と言われています。

パッキン自体はゴムやプラスチック製で安価なため、パッキン交換にかかる費用は、実質的に基本料金と作業料のみとなり、5,000円~10,000円が相場です。

部品交換

水漏れ修理で定番とされる内容のひとつが「部品交換」です。例えば、トイレタンクのボールタップやレバーハンドル、キッチンや洗面台下の排水トラップ、さらには混合栓(蛇口)など、水漏れの原因となりやすい箇所の様々な部品が該当します。

部品交換の場合、基本料金と作業料に加え、部品そのもののコストもかかります。交換する部品の価格にもよりますが、10,000円~30,000円が相場になるでしょう。

詰まり除去

「詰まり除去」も水漏れ修理の定番です。とくに、キッチンや洗面台、お風呂といった、排水パイプが詰まりやすい箇所における定番で、薬剤を使用する軽作業から、トーラーと呼ばれる配管清掃用機材、そして高圧洗浄機といった本格的な作業などがあります。

軽度な詰まり除去であれば10,000円~20,000円、トーラー作業など特殊な機材を使う場合は20,000円~50,000円が相場になるでしょう。

【場所別】水漏れ修理費用の相場

水漏れしやすい箇所ごとにかかる修理費用の相場を見てみましょう。

  • キッチン
  • トイレ
  • お風呂
  • 洗面台
  • 給湯器

それぞれ解説します。

キッチン

キッチンの水漏れ修理にかかる費用相場は、5,000~20,000円と考えてください。キッチンで水漏れする主な原因は、排水パイプの詰まりや、蛇口や配管のパッキンの劣化、そしてシンク下配管の不具合などです。

これらの修理は比較的軽作業で済むことがほとんどです。一方、シングルレバー混合水栓の老朽化によって交換が必要になる場合は、部品代が高いことから、20,000円を超える可能性があります。

食器洗い乾燥機の不具合が原因の水漏れや、システムキッチンなどの場合は、技術料や部品代が高くなると考えましょう。

トイレ

トイレの水漏れ修理の費用相場は、10,000円~15,000円が相場です。トイレで水漏れする主な原因には、給水管等のパッキン劣化、トイレタンクの不具合、詰まり、さらには温水洗浄便座の故障などが挙げられます。

その多くは軽作業で済むものの、便器やタンク、温水洗浄便座ユニットの交換などが必要になると、部品代が高くなるため、50,000円を超える可能性があります。

お風呂

お風呂の水漏れ修理にかかる費用相場は、10,000円~15,000円と考えましょう。お風呂の水漏れは、混合水栓(蛇口)をはじめ、シャワーヘッドやホースのパッキン劣化、さらには排水口の詰まりなどが原因です。

パッキン交換や詰まり除去であれば費用は抑えられますが、温度調節機能付きのサーモスタット混合水栓や、シャワーヘッドの交換となると、30,000円を超える可能性があります。

洗面台

洗面台の水漏れ修理の費用相場は、5,000~20,000円です。洗面台で水漏れする主な原因としては、給排水管の破損、パッキンの劣化、そして排水ホースのズレといったことが考えられます。

いずれも軽作業のため安価に収まるでしょう。一方、シングルレバー混合水栓やシャワーヘッドなどの交換が必要になると、部品代がかさんで20,000円を超える可能性があります。

給湯器

給湯器の水漏れ修理にかかる費用相場は、パッキンやホース等の部品交換であれば5,000円~10,000円ですが、本体交換となると50,000円から200,000円かかるとされています。

給湯器の製品寿命は約10年です。10年を超えた物は、修理するよりも交換した方が良いケースもあるため、製品の使用年数を基に修理か交換かを判断するとよいでしょう。

水漏れ修理の料金体系

水漏れ修理にかかる費用は、以下のような内訳になっています。料金体系を理解しておくことで、ぼったくり被害や料金トラブル回避に役立ちますので、費用相場と合わせて知っておきましょう。

  • 基本料金
  • 作業費または技術料
  • 材料費
  • 出張費

上記の項目について解説します。

基本料金

水漏れ修理にかかる費用で必ず発生するのが「基本料金」です。基本料金は業者によって変わることが特徴で、何を含めた料金であるかは業者ごとに違います。

例えば、業者によっては、基本料金に「出張料」や「水漏れ調査費用(または点検費用)」などを含めていることがあります。

基本料金内に出張料金や点検費用が含まれており、なおかつ安く設定されている業者は良心的と判断できるでしょう。

作業費または技術料

「作業費または技術料」は、水漏れ修理にかかる必須コストです。修理にかかる費用の大半を占めることが多く、業者ごとに大きな差が生じる費用と言えます。

作業費は、ケースバイケースで決まることから、修理の前に見積もりしてもらって、明確にしてもらうべき費用です。

材料費

水漏れ修理にかかる費用には「材料費」もあります。パッキンやホース、蛇口、便器など、大小様々な部品が該当し、修理では必ず必要なコストです。

修理にあたり、どのような部品を使用するかは業者次第ですが、特定のブランドや部品を指定すると、部品を手配するためのコストが加わって割高になるかもしれません。

出張費

「出張費」は、水漏れ修理にかかる費用として注意すべき要素です。出張費が、基本料金と別扱いになるのかや、距離や時間といった明確な基準があるのかなど、何かと曖昧になりがちです。

出張費の上乗せを避けるためにも、はじめから出張費を徴収しない地元の業者を利用するのが賢明でしょう。

水漏れ修理にかかる費用を抑えるためのコツ

水漏れ修理にかかる費用を抑えるためには、以下3つのコツを参考にしてください。

  • 実績が豊富な地元の業者を利用する
  • 相見積もりを取る
  • 水道指定業者を利用する

それぞれのコツについて解説します。

実績が豊富な地元の業者を利用する

水漏れ修理にかかる費用を抑えるには「実績が豊富な地元の業者を利用する」がコツです。実績が豊富であれば、作業時間が早いだけでなく、修理後のトラブルも起こりにくいでしょう。

また、地元の業者であれば出張費がかからないことが多く、基本料金を抑えることが可能です。

相見積もりを取る

「相見積もりを取る」ことも費用を抑えるコツです。水漏れ修理は、同じ修理作業であっても、業者によって料金が異なります。

そのため、複数の業者から見積もってもらい、最も安い業者を利用することで費用を抑えられます。

水道指定業者を利用する

費用を抑えるためには「水道指定業者を利用する」こともコツです。水道指定業者とは、水道法施行令に沿った施行ができる業者であることを自治体によって認められていることを意味します。

自治体によるお墨付きを得ているということは、法外な料金を請求するような業者ではなく、正当な料金の範囲内で対応してくれると言えます。

水漏れ修理を依頼する前に確認すべきこと

水漏れ修理を業者に依頼する前には以下のことを確認しましょう。とくに、賃貸住宅に住んでいる場合は注意が必要です。

  • 水漏れの責任の所在を明確にする
  • 管理会社や大家さんに連絡する
  • 火災保険の内容を確認する

上記について解説します。

水漏れの責任の所在を明確にする

「水漏れの責任の所在を明確にする」ようにしてください。なぜなら、修理費や改修費を負担する問題に影響するためです。

例えば、賃貸住宅において、居住者に過失がない水漏れであるにもかかわらず、責任が曖昧なまま修理費用を負担させられるといったトラブルなどが考えられます。

集合住宅や賃貸住宅で水漏れした場合は、管理会社やオーナーと協議し、責任の所在について明確にするようにしてください。

管理会社や大家さんに連絡する

修理を依頼する前に「管理会社や大家さんに連絡する」ことも大切です。とくに賃貸住宅の場合は、費用負担や業者の手配などに影響するため、独断で業者を手配するのではなく、まずは管理会社や大家さんに連絡しましょう。

火災保険の内容を確認する

「火災保険の内容を確認する」こともおすすめします。火災保険には、水漏れによって生じた損害賠償責任をカバーする内容が含まれていることがほとんどです。

万が一、水漏れによって下の階に住む住民の財産を破損させるような事態になった場合は、火災保険の「個人賠償責任保険」を確認しましょう。

まとめ

水漏れ修理にかかる費用相場は、修理内容や修理箇所によって変わります。パッキン交換や部品交換、さらには詰まり除去などの軽作業で済むような場合は、5,000円~30,000円で収まることがほとんどです。

この記事で紹介した水漏れ修理の料金体系や、費用を安く抑えるコツを参考にし、水漏れ修理業者に修理を依頼するようにしてください。

水道テックでは兵庫県内で水道の水漏れや、蛇口のトラブル対応を2,200円~の地域最安値クラスで対応しています。出張費無料・最短30分で駆けつけますので、水道のトラブルでお困りの際はお気軽にお問合せください。

兵庫県の水漏れ修理・水道トラブルなら安心価格・スピード対応の水道テック

水道テック
水道テックは兵庫県内のトイレ・キッチン・お風呂・水道の水漏れや詰まりなど水回りのトラブルを地域最安値で解決します。
初めてのお客様はどうぞお気軽にお見積りを依頼ください。誠心誠意、心のこもった対応をお約束いたします。

すぐに駆けつけてトラブル修理いたします!

0120-621-003

LINEで簡単見積り

メールでお問い合わせ